廃車にする料金はいくらかかるのか|事前に調べて業者に依頼しよう

車とカップル

車を高く売るため

カー

愛用していた自動車を高く売るためには、時期を選ぶことが重要です。新車が発売されると中古車の売れゆきがぐんと下がるので、なるべく発売される前に査定してもらいましょう。ゴールデンウィークや年末年始など大型連休の前に出すのもおすすめです。

廃車費用を節約しよう

車のドア

事故車を処分するにあたっては、廃車にする前に事故車を専門的に扱う中古車業者に査定を依頼するのがオススメになっています。買取金額自体は安価でも、廃車にする際に掛かる出費の節約に繋がり、また煩雑な手続き等も簡略化することができるためです。

売る場合はどうする

電卓を持つ男性

金融車の買取は通常の中古車販売店では取り扱っていません。ネットオークションなどで取引されることが多い他、専門店も出てきています。専門店と一口に言っても質は色々ですが、良い会社であればアフターサービスなどもしっかりとしています。

どうのような仕組みなのか

レディ

使えなくなった車を廃車として処分するさいにはどのくらいの料金がかかるのでしょう。しかし、それは車の状況によって変化するため、一概には言えないということに気をつけておきましょう。あくまで、見積もり、または予想です。まず必要なのは、軽自動車検査教会(陸運局)への廃車手続きを専門の業者か行政書士の人に頼む場合には、その費用として2000円から1万円が必要になります。ただ、陸運局の近くにある行政書士は格安で手続きを行ってくますが、それであれば自分やったほうが手間もかからず、楽です。また、廃車の解体をしてくれる業者への費用は、住む地域によっても異なりますが、仮に自分で持ち込むことができる場合には無料となります。つまり、料金を安く抑えることが出来ます。

では、廃車の料金について知っておくと良いことは何なのでしょうか。はじめに、解体にかかる費用です。車の状態によっては無料で解体してくれる場合があります。それに加え、解体してくれる業者によっては、廃車のスクラップによってできた鉄くずの代金として、普通自動車なら「1〜3万円」軽指導者なら「3000円〜1万円」ほどのお金を受け取ることが出来ます。この事を知ってるだけでも得をすることができます。ただし、鉄くずはその時の鉄の相場によって変化することも留意しておかなくてはなりません。また、抹消登録に関しても、廃車を自分で持ち込むことで無料にはなりますが、その対象とはならない、外国車や大型車があります。この分の料金を支払う準備をしておくことも重要です。